研究

研究成果(2020年度)

卒業・修士・博士論文

卒修博   著者    タイトル                             年月   
博士論文SUN JIKAI地盤応答解析および動力学的震源モデルに基づく熊本県益城町における強震動シミュレーション2021.3
博士論文(論博)伊藤恵理統合化された海溝型巨大地震リスク評価に関する研究2021.3
修士論文Mona Izadiリカレントニューラルネットワークを用いた地盤増幅特性のデータ駆動型推定2021.2
卒業論文伊藤 照京都盆地端部の基盤構造と常時微動特性との関係に関する研究2021.2
卒業論文栗木政行出雲平野に着目した南海トラフ巨大地震に対する被害想定に関する研究2021.2
卒業論文並河芳知立山連峰が富山県内の地震動特性に及ぼす影響に関する研究2021.2

全文審査論文

著者タイトル・雑誌・号年月DOI
Gehl, Pierre, Shinichi Matsushima, Shunsuke MasudaInvestigation of damage to the water network of Uki City from the 2016 Kumamoto earthquake: derivation of damage functions and construction of infrastructure loss scenarios, Bulletin of Earthquake Engineering, Vol.19, 685-7112020.1110.1007/s10518-020-01001-z
Sun, Jikai, Fumiaki Nagashima, Hiroshi Kawase, Shinichi MatsushimaSite Effects Analysis of Shallow Subsurface Structures at Mashiki Town, Kumamoto, Based on Microtremor Horizontal-to-Vertical Spectral Ratios. Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.110, No.6, 2912-29382020.9doi: 10.1785/0120190318

会議論文

著者タイトル・雑誌・号年月

学会発表

著者タイトル・雑誌・号年月

研究成果(2019年度)

卒業・修士・博士論文

卒修博    著者     タイトル                             年月   
博士論文仲野健一スペクトルインバージョンに基づく強震動予測手法に関する研究2020.3
修士論文増田竣介高知県南国市における南海トラフ地震による水道管網被害の病院機能への影響評価2020.2
修士論文Ye Ting微動観測に基づく追分、早来、鵡川地区における推定地盤構造を考慮した平成30 年(2018 年)北海道胆振東部地震の際の建物被害評価2020.2
卒業論文澤 昭吾微動水平上下スペクトルの方位依存性に着目した不整形地盤構造の推定に関する研究2020.2
卒業論文中山智貴常時微動を用いた盆地端部における地盤構造推定とそれを用いた地盤増幅特性に関する研究2020.2
卒業論文松田 純宇治市黄檗周辺における地震時建物被害想定の精度検証に関する研究2020.2

全文審査論文

著者タイトル・雑誌・号年月DOI
Matsushima, ShinichiCore-to-Core Collaborative Research Between Earthquake Research Institute, The University of Tokyo and Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University During FY2014 to FY2018, Journal of Disaster Research, Special Issue on Earthquake and Volcano Hazards Observation and Research Program, Vol.15, No.2, pp. 187-2012020.310.20965/jdr.2020.p0187
Ito, Eri, Hiroshi Kawase, Shinichi Matsushima, Michinori HatayamaTsunami evacuation simulation considering road blockage by collapsed buildings evaluated from predicted strong ground motion. Natural Hazards2020.310.1007/s11069-020-03903-2
仲野健一・川瀬博・松島信一1988年から2016年までに観測された強震記録から分離したサイト特性に関する研究,日本地震工学会論文集,第19巻,第2号,pp1-242019.5https://doi.org/10.5610/jaee.19.2_1

会議論文

著者タイトル・雑誌・号年月

学会発表

著者タイトル・雑誌・号年月

研究成果(2018年度)

卒業・修士・博士論文

卒修博    著者    タイトル                             年月   
博士論文Phyoe Swe Aung観測常時微動に基づく推定地下構造を考慮したミャンマー・サガイン市における強震動シミュレーション2019.1
修士論文佐藤啓太微動観測記録に基づく横手盆地の推定地盤構造の増幅特性評価2019.2
修士論文浜辺亮太盆地端部における段差構造の形状がエッジ効果の特性に与える影響に関する研究2019.2
修士論文松下隼人ヤンゴン市における推定三次元地盤構造と震源の不確実性を考慮した強震動予測2019.2
卒業論文溝上永純1847年善光寺地震の被害分布から推定される震源モデルの構築に関する研究2019.2

全文審査論文

著者タイトル・雑誌・号年月DOI

会議論文

著者タイトル・雑誌・号年月

学会発表

著者タイトル・雑誌・号年月

研究成果(2017年度)

卒業・修士・博士論文

卒修博    著者    タイトル                             年月   
修士論文小林弘和熊本県西原村周辺における強震動シミュレーションのための地盤構造推定に関する研究2018.2
卒業論文増田竣介南海トラフ地震による地震リスク評価の高度化に関する研究2018.2

全文審査論文

著者タイトル・雑誌・号年月DOI
Molnar, Sheri, John F. Cassidy, Silvia Castellaro, Cécile Cornou, Heather Crow, James A. Hunter, Shinichi Matsushima, Francisco J. Sánchez-Sesma, Alan YongApplication of Microtremor Horizontal-to-Vertical Spectral Ratio (MHVSR) Analysis for Site Characterization: State of the Art, Surveys in Geophysics2018.3https://doi.org/10.1007/s10712-018-9464-4
Matsushima, Shinichi, Hiroyuki Kosaka, Hiroshi KawaseDirectionally dependent horizontal-to-vertical spectral ratios of microtremors at Onahama, Fukushima, Japan, Earth, Planets and Space 69:962017.710.1186/s40623-017-0680-9

会議論文

著者タイトル・雑誌・号年月

学会発表

著者タイトル・雑誌・号年月

研究成果(2016年度)

卒業・修士・博士論文

卒修博    著者    タイトル                             年月   
修士論文福岡侑里常時微動を用いたリノ盆地の速度構造推定とそれを用いた地震動シミュレーション2017.2
卒業論文佐藤啓太断層による段差位置推定のための水平上下スペクトル比の有用性に関する研究2017.2
卒業論文浜辺亮太益城町役場における2016年熊本地震の地震観測記録への建物応答の影響に関する研究2017.2
卒業論文松下隼人ヤンゴン市の推定地盤構造を考慮した強震動予測手法に関する研究2017.2

全文審査論文

著者タイトル・雑誌・号年月DOI
Kawase, Hiroshi, Shinichi Matsushima, Fumiaki Nagashima, Baoyintu, Kenichi NakanoThe cause of heavy damage concentration in downtown Mashiki inferred from observed data and field survey of the 2016 Kumamoto earthquake, Earth, Planets and Space, Vol. 69, No. 32017.110.1186/s40623-016-0591-1
森勇太・川瀬博・松島信一・長嶋史明微動と地震動の観測水平上下スペクトル比の相違とそれに着目した地盤構造同定手法の提案,日本地震工学会論文集,第16巻,第9号,pp.13-322016.8http://doi.org/10.5610/jaee.16.9_13
森勇太・川瀬博・松島信一・竹内義高・稲葉学免震建物の過大変位制御を目的としたフォールト・トレラント機構に関する研究,日本建築学会構造系論文集,第81巻,第722号,pp.695-7022016.4http://doi.org/10.3130/aijs.81.695

会議論文

著者タイトル・雑誌・号年月
Hirokawa, Yuki, Shinichi Matsushima, H. Kawase, Myo Thant, Tun NaingESTIMATION OF SUBSURFACE S-WAVE VELOCITY STRUCTURE IN YANGON CITY, MYANMAR USING MICROTREMORS, 16th World Conference on Earthquake Engineering, 16WCEE 2017, Santiago Chile, January 9th to 13th 2017, Paper N° 36962017.1
Fukuoka, Yuri, Shinichi Matsushima, Hiroshi Kawase, John G. AndersonEVALUATIONS OF THE EFFECTS OF THE BASIN EDGE IN H/V SPECTRAL RATIOS OF MICROTREMORS BASED ON DIFFUSE FIELD INTERPRETATION, 16th World Conference on Earthquake Engineering, 16WCEE 2017, Santiago Chile, January 9th to 13th 2017, Paper N° 39532017.1
Phyoe Swe Aung, Hiroshi Kawase, Shinichi Matsushima, Tun NaingESTIMATION OF SITE CHARACTERISTICS IN SAGAING CITY, MYANMAR BY MICROTREMOR SURVEY, 16th World Conference on Earthquake Engineering, 16WCEE 2017, Santiago Chile, January 9th to 13th 2017, Paper N° 36872017.1
Phyoe Swe Aung, Hiroshi Kawase, Shinichi Matsushima, Tun NaingMICROTREMOR SURVEY IN SAGAING CITY, MYANMAR FOR SEISMIC MICROZONATION, 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, August 15-17, 2016, P108A2016.8
Matsushima, Shinichi, Toga Kobayashi, Hiroyuki Kosaka, Hiroshi KawaseDIRECTIONALLY DEPENDENT H/V SPECTRAL RATIOS OF MICROTREMORS AT ONAHAMA, FUKUSHIMA, JAPAN, 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, August 15-17, 2016, P204D2016.8
Lee, Seung Han, Kazuyoshi Nishijima, Shinichi MatsushimaINVESTIGATION OF POSSIBILITIES TO REDUCE UNCERTAINTIES OF SEISMIC RISK FOR NANKAI TROUGH EARTHQUAKES, 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, August 15-17, 2016, P207G2016.8

学会発表

著者タイトル・雑誌・号年月
松島信一・吾妻崇・野澤貴・市村強1847年善光寺地震の震源断層モデルの構築及び強震動シミュレーション,日本地震学会秋季大会予稿集2016.10
松島信一・小阪宏之・小林冬芽・川瀬博微動H/Vスペクトル比の方位依存性から推測される小名浜地区における極表層地盤の不整形,日本地震学会秋季大会予稿集2016.10
萬保篤人・川瀬博・松島信一実大鉄骨架構を用いた摩擦制震壁の性能評価およびその改良に関する実験的研究, 日本建築学会学術講演梗概集(九州),Vol.B4,pp.139-1402016.8
Phyoe Swe Aung, Hiroshi Kawase, Shinichi MatsushimaSingle and Array Microtremor Measurements to Estimate the Shear Wave VelocityStructures in Sagaing City, Myanmar, 日本建築学会学術講演梗概集(九州),Vol.B4,pp.1103-11042016.8
長嶋史明・川瀬博・松島信一拡散波動場理論に基づく地震動水平上下スペクトル比を用いたS波速度およびP波速度構造の同定, 日本建築学会学術講演梗概集(九州),Vol.B4,pp.1121-11222016.8
川瀬博・松島信一・長嶋史明・宝音図観測データと現地調査に基づく益城町役場周辺の被害集中の原因に関する一考察,日本地球惑星科学連合2016年大会予稿集,MIS34-082016.5
Mori, Yuta, Hiroshi Kawase, Shinichi Matsushima, Fumiaki NagashimaInversion of Velocity Structures Based on the Empirical Relationship of Earthquake and Microtremor Horizontal-to-Vertical Ratios, Seismological Society of America 2016 Annual Meeting2016.4
Matsushima, Shinichi, Hiroyuki Kosaka, Toba Kobayashi, Hiroshi KawaseDirectional Dependent H/V Spectral Ratio of Microtremors at Onahama, Japan, Seismological Society of America 2016 Annual Meeting2016.4
Furuoka, Yuri, Shinichi Matsushimai, Hiroshi Kawase, John G. Anderson, Travis W. LoydEvaluations of the effects of the basin edge in H/V spectral ratios of microtremors based on diffuse field interpretation, Seismological Society of America 2016 Annual Meeting2016.4
Page Top